▲ TOP
熱中対策のことなら、ミドリ安全

基礎知識

熱中症とは

sun熱中症とは、暑熱環境下で発生する障害の総称で、状態によって熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病に分類されます。熱中症は、毎年死亡者も出る危険な症状であると同時に、適切な予防法を知って準備すれば防ぐことができるものという認識が高まっております。作業環境、作業、健康の分野から 総合的に進めていくことが重要です。安全用品の総合メーカー、ミドリ安全では、みなさまの職場での熱中症予防対策を具体的にご提案いたします。

熱中症の症状と分類

熱中症とは、高温・高湿・高熱の場所で長い時間過ごし、さらに作業や運動が加わると、皮下血管の拡張や発汗が促進し、機能維持を図ろうとしますが、限度を超すと体内の塩分喪失の症状だけでなく、時に生命の危険を伴う傷害を招きます。熱中症の症状と分類は、以下のとおりです。

(厚生労働省 平成21年6月19日通達より抜粋)

(厚生労働省 平成21年6月19日通達より抜粋)

熱中症の応急手当(現場での応急処置)

熱中症の症状が現れたら、すぐに医師などへ連絡し、指示を受けましょう。応急手当は救急車や医師が来るまでの間に職場で行う初期手当てです。社内に医師や保健師、看護師が不在の場合の外部機関を含めた連絡ルートを確立しておきましょう。
応急手当は大切ですが、救急車や医師が来るまでの間に職場で行うことができるのは、初期手当てにすぎません。熱中症にかからないようにすることが重要です。

(厚生労働省 平成21年6月19日通達より抜粋)

(厚生労働省 平成21年6月19日通達より抜粋)

第13次労働災害防止計画

「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画で、5年毎に厚生労働大臣が策定します。(第13次の期間は2018年~2022年)

熱中症は、この第13次労働災害防止計画において、業種を問わず対策すべき重点項目として挙げられており、職場での熱中症による死亡災害を2013年から2017年までの5年間と比較して、2018年から 2022年までの5年間で5%以上減少させることが目標とされています。

■ 講ずべき施策として

❶ JIS規格に適合したWBGT値測定器を普及させるとともに、夏季の屋外作業や高温多湿な屋内 作業場については、WBGT値の測定とその結果に基づき、休憩の確保、水分・塩分の補給、クール ベストの着用等の必要な措置が取られるよう推進する。
❷ 熱中症予防対策の理解を深めるために、建設業等における先進的な取組みの紹介や労働者等 向けの教育ツールの提供を行う。
「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。5年ごとに厚生労働大臣が策定します。第13次の期間は2018年~2022年となります。
(「第13次労働災害防止計画」2018年2月28日策定(3月19日公示)に基づき作成)

その他、厚生労働省労働基準局・都道府県労働局・労働基準監督署や、環境省などから様々な対策が発表されています。(熱中対策のポイントを参照下さい)

熱中症に関するお役立ちリンク集

環境省 熱中症予防情報サイト
環境省 熱中症環境保健マニュアル
国立環境研究所 熱中症患者速報
環境省熱中症情報
tenki.jp《日別の熱中症情報(WBGT値)》
熱中症ラボ -元気な夏ライフを支援する熱中症情報サイト-