▲ TOP
熱中対策のことなら、ミドリ安全


▲ 画像をクリックすると拡大表示します

作業者安全モニタリングシステム

ヘルメットに装着したセンサデバイスで、作業者の生体情報と周囲の環境情報を計測し作業中の安全を“見える化”。
作業者の健康・安全管理を支援

※上記価格は、税別です
型式 コード 標準販売価格
センサデバイス本体 - オープン
取付け用アタッチメント - オープン
月額利用料 - オープン
製品に関するお問い合わせ

※作業者安全モニタリングシステムは、株式会社村田製作所が提供するヘルスケアサービスです。

※作業者安全モニタリングシステムは、医療機器とは異なりますので、熱中症の診断を行うサービスではございません。

拡張性に優れた高機能なウェアラブル・IoTサービス

  • センサデバイスは一般的な形状のヘルメットなら簡単に取り付けが可能。

    ※ミドリ安全製SCシリーズはそのまま取り付け可能

    ※他社製ヘルメットに取り付ける場合は別途アタッチメントが必要

  • 一度ヘルメットに装着すれば作業の都度、取り付け、取り外しする必要がないため、着け忘れがない。
  • オートパワーオン/オフ機能を搭載し、計測漏れを防止。
  • 作業者の脈拍や周囲の環境温度(簡易WBGT値)から熱ストレスをお知らせ可能。
  • 転倒や墜落も検知できるため、熱中症以外にも幅広く健康や安全作業の状態を確認可能。
  • アラートは、作業者自身にブザー通知と同時に、管理画面の表示やアラートメールでもお知らせ。
    アラートメールは、特定の連絡先にメール配信が可能。グループ登録できるので、 必要なメンバーに効率よくお知らせ。
  • 作業者が任意にSOS緊急アラートを発報する事も可能。
  • 通信SIM内蔵のため、別途スマートフォンなどの通信機器は携帯不要。スマホ禁止の現場でも運用できる。
  • 小規模&期間限定のトライアルからご検討が可能。

機能を動画でご紹介

作業者安全モニタリングシステム 導入事例

機能

システムの機能

<こんな場合におすすめ>

  • 通信SIM内蔵のため、広域エリアで作業される場合や、毎日異なる現場で作業する場合におすすめです。
  • 普段は基地局の通信電波で大まかな位置情報を把握していますが、アラート時はGPSで詳細な位置情報を発信します。

熱ストレスアラート

厚生労働省から発表されている「身体作業強度に応じたWBGT基準値」を参考に、作業者安全モニタリングシステムのセンサーで測定した脈拍・活動量・周辺のWBGT値を独自の理論で組合せて熱ストレスレベルを算出。
一定の閾値を超えた場合にアラートを発報。アラートはセンサデバイスのブザー、管理画面上の警告、アラートメールと複数の方法で発報され、緊急事態を逃さずキャッチする事が可能。

※「身体作業強度に応じたWBGT基準値」はJIS Z 8504を基本の考え方として厚生労働省から提案されているWBGTに対する運動強度の熱中症予防のためのガイドラインです。

※作業者安全モニタリングシステムで測定されるWBGT値は、温度と湿度から導き出される簡易WBGT値になります。

転倒検知

[発報条件]

作業者安全モニタリングシステム

横たわり状態が4-6分継続
下記全てが成立していること

▶「ヘルメットが傾いていること」
▶「微少な体動があること」
▶「額センサに額が近接していること」

落下検知

[発報条件]

作業者安全モニタリングシステム

2m以上の自由落下

緊急通報(SOS信号が出せる)

[発報条件]

デバイスのボタンを5回以上連続して押すことで、作業者が自身の判断で即座にアラートを発報させることが可能

[備考]

・発報時、赤LEDが童子に3秒点灯
・ブザー通知(5秒間) ※セルラーLPWAのみ

クラウド画面イメージ

作業者安全モニタリングシステム

オプションのBluetoothタグを活用すれば、様々な機能を追加可能

● 入退場管理

作業者安全モニタリングシステム

● ヒヤリハット可視化

作業者の動作からヒヤリハットの可能性が高い状態を検知。GPSや位置タグによりヒヤリハットと位置情報の可視化が可能。場所ごとに発生件数が分かる。
作業者安全モニタリングシステム

● ヒト・モノ管理

位置タグとの関係から、作業者や資材の位置の可視化を行う。
作業者安全モニタリングシステム

● 高さ検知

位置タグを設置する事で、詳細な位置や高さの違いも把握可能。


商品仕様

作業者安全モニタリングシステム

※作業者安全モニタリングシステムは、株式会社村田製作所が提供するヘルスケアサービスです。

※作業者安全モニタリングシステムは、医療機器とは異なりますので、熱中症の診断を行うサービスではございません。